子供」タグアーカイブ

育ての観点から言えば

幼児は泣き出しますだから私はよく

幼児が小学校低学年のころはほぼ毎日

大きくなるにつれて、ほめてもらいたい人がお母さんから友達や先生、社会と変化はしてきますが、まずはお母さんに認められたいのです。ここでもうひとつ気をつけたいのが、何か嬉しいことがあったときにその喜ぶという表現のあり方です。息子さんは(これもタイプが様々ですが)どんな喜び方をするタイプですか?「やったー!みて、みて、みて!お母さんみてー!」という、「ふつふつふつニヤリ」という、感情内向型「あのとき、嬉しかったなぁー」という、わかりにくい型もちろん喜び方などは人それぞれですし、こうでなければならないということもありません。表現がお母さんほどうまくなかったり、あるいは下手くそなことが多いように感じます。お母さんが喜びに対してダイレクトに表現するのに対して、男の子というか男性は、喜んで見えなくても、心ではニヤリこれは「男の子は泣いてはいけない」というように社会全体の中で、感情を表現することを良しとしない文化の影響でしょう。

育児していることなどすっかり忘れられるこの時間があるからこそ

その昔「男はだまって00ビール」というCMもありました。男の子は社会の風潮を敏感に感じて、喜ぶことを抑えたり控えたりするようになります。そのため、「わかりにくい型」が見られます。しかし、心の中では喜んでいるのです。とても嬉しいのです。お母さんからすると、わかりにくかったり、とても喜んでいるようには見えないかもしれませんが。

 

育ても完成間近です

子どもにはまったく通じません図書館や銀行、病院などにある本は皆の物。自分の本よりも取扱いは丁寧に。それは皆が気持ち良く読めるように、ということです。また、図書館の本は、決められた期限までに必ず返す。約束を守らないと次に借りたい人に迷惑がかかるというルールも教えていきましょう。スーパーやデパート、商業施設は遊び場ではないので、走り回ったり他の人にぶつかったり、ないように気配りしてください。

育児の捉え方私の場合もちろん大声は禁物です迷惑がかからスーパーなどで、手当たり次第に商品を触ったり、箱を開けたりするのはいけないことです。商品はお金を払って買うものであること、他のお客さんやお店の人にどのような行動が迷惑になるのか、しっかりと子どもが理解できるまで丁寧に教える必要があります。人を気遣う優しい心で、皆が気持ち良く過ごせたらよいと感じるあたたかい気持ちを育てたいものです。出かける前に親子でリハーサルはいかがやデパートの買い物の場所での公共の乗り物を利用する時、病院や冠婚葬祭など特別な場所、またスマナーは、出かける前にしっかりと教えておきたいものです。その場でアレコレ言っても子どもには分かりません。

子どもは前向きにチャレンジできます

ときに、その姿が第一に思い出されます。子どもの運動とか活動とかを考えるそれにくらべると、現在の幼稚園や保育所の子どもたちは、何と虚弱なことでしょう。全くたくましさを失っているというよりほかはありません。とくに室内での保育の多い園の子どもたちの中には、よたよたと歩いているような感じのする子どもさえいます。園の先生方は、そうした子どもを標準にしているので、たまたまジャングルジムのてっぺんにのぼって立ち上がった子どもがいると、危ないからおりてくるように言い、それに従わないと、問題児にしてしまうほどです。

育児するママのことではない

子どもがやりたいというものですからという点にあったのですしたがって、子どものエネルギーは発散されず、意欲は乏しいし、体力も乏しく、運動能力は低いままなのです。夏季合宿での子どもたち私たちが主として小学生を対象にして始めた合宿の第1回は、昭和三十二年のことです。その頃の子どもたちは、合宿地(高原)に到着すると、一斉に戸外へ飛び出していって、虫取りをしたり、木登りを競ったり、林の中へ探検に出かけたりしたものです。当時は若かった私でさえ、子どもの後を追うのにふうふう言ったものです。子どもたちのエネルギーのすばらしさを肌で感ずることができて、それを大いに楽しむことができましが減少し、昭和四十年代に入ると、私が手本を示しても家の中でごろごろしている子どもがふえてきました。

子どもの発言はおもしろいと認めたうえで注意を与え

育児における女性的要素がいけないと言っているのではない

公衆のいる場所は家庭外でありますから、道路であるとか公園であるとか、乗物の中のことが頭に浮かぷでしょう。大勢の人々のいるところで、他人に迷惑をかけないこと、それ以上に、他人に親切をつくすこと--れが公衆道徳の内容ですその点で、わが国の大人も子どもも、公衆道徳には非常に欠けていることが指摘されてきました。家庭を一歩出ると、他人のことにおかまいなしに行動することがいわれています。道路に出れば、紙屑を捨てるばかりでなく、痰やつばを吐くのです。立小便も見られます。道路がきたなくなるばかりか、衛星上不潔にもなるのですからたまりません。子どもに対する教育も行い

幼児への効果は限定的でしょうちゃんと

幼児ができます幼児は公園へ行きますと、紙や食べ物の残骸をそのままにしていくだけでなく、入ってはいけないとされている芝地に入って芝を傷めたり、木の枝を折ったり、草花を持ち帰ったりすることさえもあります。それは、子どもばかりでなく、大人たちが悪い手本を示しているのです。ざんがい一つのものを分かち合う心乗物の中でも、紙を散らす人は少なくありませんし、つばを吐いて靴でこする人さえも残っています。乗物の中で、とくに列車の中では、大きな声で談笑するのも、わが国独特の光景でしょう。それらは、飲酒によって誘発されることが少なくありません。

幼児にも問題がありそうです

子どもの責任はすべて親に帰ってきます
思考停止人間にはなってほしくないですよね。そもそもそのルールを守る意味があるのかどうか、子どもたちには、じて判断し、おかしなルールは変えてしまう力こそを養ってほしいと思います。やんちゃな男の子はあえてルールに違反するという冒険をすることがあります。ているのに、です。バレて怒られるってことは自分だってわかっ単なる冒険心ということもあるでしょう。けているように思えてなりません。それだけじゃない気もします。

子どもに接していると

幼児自身で惰性で買っていたような雑誌などはやめて
ルールというものの存在意義に疑問を投げか怒られて、どうしてそのルールが存在するのか、どうしてそれを守らなきゃいけないのか、自分の頭で考えてルールを破り、そういう訓練をたくさん積んだ子どもは、将来、意味あるルールと無意味なルールを正しく見極める力を備えた男になるはず失敗を褒めれば挑戦を恐れない男になる子どもにはいろいろなことに挑戦してほしいと、親なら誰もが思うでしょう。でも、いざ子どもが何かに挑戦しようとすると、「危ないからやめておきなさい!」「まだ無理よ!」さらにそれでも子どもが挑戦し、などと足を引っ張るようなことを言っちゃうことも多いのではないでしょうか。やっぱり心配ですからねぇ。しようものなら、「ほら、ママの言った通りでしょ」なんて(笑)。これでは何かに挑戦する意欲なんて育ちません。の反対はではなく「何もしないこと」また、「失敗しない」ということは、最初から成功確率の高いことにしか挑戦しないということでしょう。それではキャパは広がりません。

子どもですから何かに気をとられてあいさつを忘れちゃうことはあるでしょうでもそこで親が

子どもの指導はゆとりをもって
毎朝のように親子で散歩をしていたのだが、その道中で目に付くものすべてが、子どもの感性を育てる教材だった。季節によって変わる草花に気付き、その美しさを子どもに語りかける。それは、子ども自体が季節のうつろいに気付く観察のきっかけを与えることになる。また、実際にものを見て感動を伝えることで、美しさとは何かを子ども自体が理解していく。感性とは生まれつきのものではない。

幼児の遊びがいきいきしておりるから

それらは経験の中で培われていくものだ。親の語りかけは、その経験を促すことになる。空を見ては、雲を眺めて話をした。雲の科学的な話も知識として教えたりもするし、その形を見て何に似ているかなどを話し合ったりもする。形を見て、何かに似ていると考える力は想像力を強化する。

子どもが礼儀正しく振舞うよう親はいつも気を遣う

幼児になってしまいます

教育はなるべく早い方がいい

それができれば顔も心もぴっかぴか、じっくりさん▼▼▼ココロはあさってにじっくりさんは言語戦です。時としてヘリクツ大魔王になります。口げんか、ってやつですね。それにもつれ込んだら、大の大人もたじたじです。ラリー豊富ですから。頭回りますから。「おやつのお皿持ってきて、洗っちゃうから」「お母さん、人にたのむときは『持ってきてください』でしょ」賢い子ですから。「『はい』は一回!とか言います。

子どもの可能性を広げてあげられると考えています

ふだんはなかなか口を開かないくせして、イラッとするんですね、このヘリクツに。こういう時はビシバシ言葉をぶつけてきます。しかもそれが的を射ているから腹が立ちます。けれどそこで言い言い争いに発展どっちが子どもで、どっちが大人かわからなくなります。そうしてだんだん逆上し、と。さて、そこをどう収めるか、です。勝とうと思わないでください。受けて立たないでください。

 

幼児は挑戦を恐れず

児童というのは飽きっぽいものですその反面子:変身して上に飛んでいくっていうお話だね。父:そう、変身したものを水蒸気というんだ。ヒーローたちも変身するときには、パワーが必要でしょ。水が水蒸気に変身するときは、まわりから熱のパワーをもらうんだよ。冷蔵庫はこの力を利用してるんだよ。

片付けをしない幼児は子:でも、冷蔵庫から水が変身するのは見たことがないよ。父:冷蔵庫の中には管がグルグル通っていて、その中で、水から水蒸気に変わることをくり返しているんだよ。そして、水蒸気に変身する時に、冷蔵庫の中から熱のエネルギーを取ってしまうんだ。だから冷えるんだね。子:冷蔵庫の水は取り替えなくていいの?父:水っていったけど、正確には、特別なガスなんだよ。夏の暑い日に、ママがお家の前に水をまくでしょ。

子どもという大きな違いがあります

世の中にはそういうものがたくさんあります。はさみなどの刃物もそうですね。文明の利器で言えば、便利なものではあるのですが、自動車もそうです。使い方を間違えると大ケータイやパソコンもそういう類のものです。らに最近のことで言えば、ケガをします。でも、危ないからといって敬遠してばかりでは、便利さを享受できません。

しつけ実習もした

育てることはできます人間は、そういうものを使いこなすことで、進化してきました。火を使いこなすことは、危険をコントロールしながら自分の力に変えてしまう人間の知恵の原点です。火を使いこなせるようになることは、人類の知恵の進化の第一歩を追体験するようなものです。バーベキュー、たき火などの機会を通して、火の扱い方を覚えていくといいと思います。花火は自分の手に火という危険な力を持つという体験になります。