子どもに接していると」タグアーカイブ

子どもの発言はおもしろいと認めたうえで注意を与え

育児における女性的要素がいけないと言っているのではない

公衆のいる場所は家庭外でありますから、道路であるとか公園であるとか、乗物の中のことが頭に浮かぷでしょう。大勢の人々のいるところで、他人に迷惑をかけないこと、それ以上に、他人に親切をつくすこと--れが公衆道徳の内容ですその点で、わが国の大人も子どもも、公衆道徳には非常に欠けていることが指摘されてきました。家庭を一歩出ると、他人のことにおかまいなしに行動することがいわれています。道路に出れば、紙屑を捨てるばかりでなく、痰やつばを吐くのです。立小便も見られます。道路がきたなくなるばかりか、衛星上不潔にもなるのですからたまりません。子どもに対する教育も行い

幼児への効果は限定的でしょうちゃんと

幼児ができます幼児は公園へ行きますと、紙や食べ物の残骸をそのままにしていくだけでなく、入ってはいけないとされている芝地に入って芝を傷めたり、木の枝を折ったり、草花を持ち帰ったりすることさえもあります。それは、子どもばかりでなく、大人たちが悪い手本を示しているのです。ざんがい一つのものを分かち合う心乗物の中でも、紙を散らす人は少なくありませんし、つばを吐いて靴でこする人さえも残っています。乗物の中で、とくに列車の中では、大きな声で談笑するのも、わが国独特の光景でしょう。それらは、飲酒によって誘発されることが少なくありません。

幼児にも問題がありそうです

子どもの責任はすべて親に帰ってきます
思考停止人間にはなってほしくないですよね。そもそもそのルールを守る意味があるのかどうか、子どもたちには、じて判断し、おかしなルールは変えてしまう力こそを養ってほしいと思います。やんちゃな男の子はあえてルールに違反するという冒険をすることがあります。ているのに、です。バレて怒られるってことは自分だってわかっ単なる冒険心ということもあるでしょう。けているように思えてなりません。それだけじゃない気もします。

子どもに接していると

幼児自身で惰性で買っていたような雑誌などはやめて
ルールというものの存在意義に疑問を投げか怒られて、どうしてそのルールが存在するのか、どうしてそれを守らなきゃいけないのか、自分の頭で考えてルールを破り、そういう訓練をたくさん積んだ子どもは、将来、意味あるルールと無意味なルールを正しく見極める力を備えた男になるはず失敗を褒めれば挑戦を恐れない男になる子どもにはいろいろなことに挑戦してほしいと、親なら誰もが思うでしょう。でも、いざ子どもが何かに挑戦しようとすると、「危ないからやめておきなさい!」「まだ無理よ!」さらにそれでも子どもが挑戦し、などと足を引っ張るようなことを言っちゃうことも多いのではないでしょうか。やっぱり心配ですからねぇ。しようものなら、「ほら、ママの言った通りでしょ」なんて(笑)。これでは何かに挑戦する意欲なんて育ちません。の反対はではなく「何もしないこと」また、「失敗しない」ということは、最初から成功確率の高いことにしか挑戦しないということでしょう。それではキャパは広がりません。

子どもですから何かに気をとられてあいさつを忘れちゃうことはあるでしょうでもそこで親が

子どもの指導はゆとりをもって
毎朝のように親子で散歩をしていたのだが、その道中で目に付くものすべてが、子どもの感性を育てる教材だった。季節によって変わる草花に気付き、その美しさを子どもに語りかける。それは、子ども自体が季節のうつろいに気付く観察のきっかけを与えることになる。また、実際にものを見て感動を伝えることで、美しさとは何かを子ども自体が理解していく。感性とは生まれつきのものではない。

幼児の遊びがいきいきしておりるから

それらは経験の中で培われていくものだ。親の語りかけは、その経験を促すことになる。空を見ては、雲を眺めて話をした。雲の科学的な話も知識として教えたりもするし、その形を見て何に似ているかなどを話し合ったりもする。形を見て、何かに似ていると考える力は想像力を強化する。