コーチング」カテゴリーアーカイブ

子どもに言われて

幼児はイライラなどの不快な感情をもったときでも

幼児のありのままを受け入れ

目立ちたがり明るい-ちゃっかりさんしし特徴ひと言でいうと、楽しい子です。元気が良くて、明るくて。次から次へと興味の対象を変えていきます。いっぱいしゃべって、めいっぱい遊びます。口も体も、よく動きます。わしわし遊んで、突然ぱたっと眠ります。ゼンマイが切れたように。この子たちの辞書には「つかれた」という言葉はありません。

幼児がふざけて振り回していた棒がお友だちの目に当たり

シャワーでもあびた?と疑いたくなるほど汗をかいても、「つぎ何してあそぶ?」。頭から湯気を噴き噴き、とび回ります。このタイプの有名人芸能人に多いです。楽しい性格に加え、このタイプの人生目標であるが本領発揮できるからです。スポーツ界で派手なパフォーマンスでリアクションもききますし、表現力·発想力が豊かなのも味方します。

 

幼児についても

子どもになると来年も学校を休まないようにしようと思うもらわなかったこどもも、もらった子はえらいと思う。別に卑屈になったりはしない。なるのはハタの大人戦後の学校はいっさいホウビを出さなくなってしまった。ホウピ目当てに勉強するとは何ごとか。一部の生徒だけ賞を出すのは公平の原理にもとるのではないか。ホウビをめぐってきたない競争がおこってもおもしろくない。

幼児が楽しいまた手に取りたくなることが一番大切ですいずれえらい人たちがいろいろ考えた末のことだろう。表向きはりっぱな理屈をかかげてはいるが、その実、学校は親たちの気持に迎合したのである。ホウビを出せば、もらう生徒よりももらわぬ方が多いにきまっている。もらわぬこどもの親は淋しい思いをする。大多数がおもしろくないことならやめてしまえ。

しつけを社会面の記事にしたがる

それを持つことが許されなくて、大人もそうじゃないか?それを持つ心意気がなくて、今の子どもたちは小さく縮こまってしまっている。確かに今の社会では基地を作れる場所はほとんどないかも知れないが、それでも子どもにはトライして欲しい。親はその尻ぬぐいをする覚悟を持っていて欲しい。そして、子どもに基地遊びに繋がるようなことをたくさん教えてやって欲しい。それがすべて子どもが自分で未来を切り開くたくましさとなっていく。

子どもは学びます一方

子供はなんにも味がしないよなんて答えを返してくるはずですそこでちなみに基地遊びに繋がることとして、日曜大工で大工道具の基本を教えることや、大抵のものは自分で作れることを教えるのが第一だ。また、子どもが小さいうちに、子供のためだけのスペースと言って、段ボールで部屋を作ったりして、自分の空間を作るわくわく感を体験させておく。この体験がないと、基地を作ろうと言う発想は出てきにくいだろう。また、公園などでも、ちょっとした隙間に入り込んだり、生け垣に出来た隙間に隠れたりして、基地のようにして遊んでみせる。そう言うことをしているうちに、あるものをただ利用するだけでなく、そこに手を加えてみたいと思うようになるだろう。

育児のある女性がまた

音楽や絵を楽しむ心が育てば

そうではない、失敗しても良いのだ。子どもが援助を望まない限りは、子どもの判断を信じるのだ。そして、それが仮に失敗しても良いじゃないか。失敗した時には、「残念だったね、でも良い経験だったと思う。次も頑張ろうね」と言うだけで良い。子どもたちがいきいきと活動しているかどうかを見抜く目は

幼児が最も解放されるとき-といってもよいでしょう

何度失敗しても良いのだと、子どもに伝えるのだ。命を失う失敗以外なら、どんな失敗でもしたら良いのだと教えることで、人生の局面で周囲の人を信じて、うろたえない人間に育てることができる。子どもは勝手には学ばない、知育のタイミングと体験を意図してさせる必要性子どもには強い好奇心がある。それは間違いない。いろいろなものに関心を示し、体験を積み重ねていく。恐らく、知りたいと言う気持ちは本能に近いものなのだろう。


育てるのが先たとえばアフリカの国々などでは
育てるのが先たとえばアフリカの国々などでは

子どもにお小遣いを与えることの意味お金を欲しがっても

子どもにとってマイナスであったり子育てにおける父親の役割こころの子育ての目的は何かと言えば、それは、外界とのコミュニケーションと、自分のこころの中とのコミュニケーションの両者が、将来円滑にできる人間をつくるためです。極論のように聞こえるかもしれませんが、決して極論ではありません。そして、生まれてすぐの母子交流が人生最初のコミュニケーションの訓練です。それだけでなく、その母子交流が、赤ちゃんの愛情を豊かにもします。そしてその愛情がコミュニケションを円滑にする働きをするのですから、自然界の摂理はすばらしいと思いますこのように、赤ちゃんの初期の母子交流が刺激になって、赤ちゃんの愛情本能から愛情が引き出せるのです。子どもにストレスに強い脳を作るよう述べましたが愛情は刺激されると出てくる本能です。繰り返しますが、その愛情が赤ちゃんの人生でのコミュニケーションを将来円滑にするのです。母親が育児の中心でなければならないわけは、父親も祖父母も母親を介してはじめて赤ちゃんと関われるからです初期には、母親の同意がなければ赤ちゃんは安心して母親以外の人と関わり合えません。その子育ての中心になる大切な母親の不安なこころを支えるのが父親の第一の役割です(第十一話参照)。父親の第二の役割は「存在感の種の発芽」です。

子どもに手伝わせる部分を作りたいものです

で、物理的な暴力に比べ、言葉や態度の暴力の破壊力がいかに大きくて、恐ろしいかということを述べお友だち同士でもそうなのですから、もし相手が親であれば、言葉や態度の暴力の破壊力は致命的といっていいくらいですついカーッとなってしまうことがあるのはわかりますが、しても怒りが収まらないときは、から避難してください。暴言や無視などで子どもをいたぶるのだけはやめてください。子どもが逃げていく前に、子どもが視界に入らないところに自分から避難してください。ストレスを感じるのは子どもだけのせいじゃない怒りがコントロールできないほどになってしまったのは、子どものせいでもないし、もうひとつ忘れてほしくないことは、マのせいでもないということですママの心の中にストレスをためておく器があるとします。イヤなことや不安なことがあるたびに、そこにぽたり、ぽたりとストレスがたまっていきます。


育児ではかなり重要項として扱われています
育児ではかなり重要項として扱われています

子どももいますがそのような子どもでも

育児のストレスはもちろんですが、家事のストレスもあるでしょう。帰りが遅い夫に対するストレスもあるでしょう。働いているママなら仕事のストレスだってあるでしょう。というストレスになることもあるでしょう。それらが複合して、「なんだかうまくいかない!そうしていつしかママの心の中の器はいっぱいになり、表面張力でかろうじて踏みとどまっているという状態になります。幼児には絶倫といってよいほどのエネルギーがある-ということを痛感したのは

幼児に自由を与えるということは

幼児に必要な脳の土台作り刺激をたくさん繰り返し与えることで

子どもの遊びがいきいきしておりるから

成長期においては大切な要素だと思う。ただ、それは子どもの世界観が単純な間だけのことにした方が良いと思う。子どもの世界が広がっていくに連れて、競うだけでなく協力することも覚えなければならない。競うことだけでは、周りはライバルだらけでいっまでも心が安まらない。協力することを覚えることで、周りは仲間になり、安心して過ごせるようになる。

子どもの行動が変化さえすれば

だから、自分を負かした相手を祝福すると言うことを覚えさせるのだ。最初は悔しがってなかなか出来ないことかも知れないが、「私に勝つって、そして、親は子どもが勝てなくても頑張ったことを誉めてやれば良い。すごいなあ」と思えるように、声を掛ける。人はどれだけ頑張ってもすべての面で一番になれることはないのだ。そして、自分が得意と思っているものでさえも、一番になれるのはこの世の中に一人しかいない。

 

幼児からたくさんの言葉を引き出すために

幼児なりの工夫をあれこれして遊んでいる姿を認めることがあるでしょうその中にてもらったのですが、結果はrよくよくあとから調べてみると、クラスの友達にからかわれていたことがわかりました。原因がわからないまま、学校を休ませているうちに、いつのまにか視力はもとの1.2に戻りました。ちゃんのような症状は「心因性視力障害」と呼ばれます。もしAちゃんが「いろいろ友達に言われるけど、仲良くできるお友達もいるから、まあいいか」と肯定的に思えれば、きっとここまで症状がひどくなることはなかったでしょう。こうなってしまったのは、脳の中でこのように肯定的に思える心がうまく働かなかったからです。

幼児の人格形成にゅがみが生する恐れがありますこれでは問題を解決でこのとき古い脳と新しい脳の働きのバランスは崩れ、おかしくなっています。脳の土台が揺らいでしまったのです。本来なら古い脳と新しい脳ではこのようなことが起こるはずです。《理想的なAちゃんの脳の働き方》古い脳の働き:「からかわれた」→「イヤだ」という気持ち→「学校に行きたくない」と不安な心になる新しい脳の働き:「でも、お友達の○ちゃんとは仲良しだもの、いいよね」大丈夫の心で対処する古い脳と新しい脳がうまくつながらない、またはこれらの脳が土台の脳としてうまく育っていなければ、古い脳で心はくるくる回ってしまいます。不安でいっぱいになり、本来の脳の機能も異常をきたしてしまうのです。

子育てならぬ脳

皮膚もまたいい状態に戻ってくるでしょう。幼稚園で子どもがいろいろがまんをしているようなら、家庭では話をよく聞いてあげたりアレルギー体質なので検査を受けるべき?両親ともにアレルギー体質です。子どもにはまだ、アレルギーの症状は出ていませんが、入学して給食を食べたときに、何かアレルギー反応が出るのではないかと心配です。入学までにアレルギー検査をしておいたほうがいい(6才·女の子)いままでに食物アレルギーの症状が出ていないなら、検査は不要です食物アレルギーがあるかどうか、知りたいための検査は無意味です。アレルギー症状のない人でも、アレルギー検査を行うと陽性に出ることがよくあるからです。

幼児という大きな違いがあります

子どもは自分の感情をコントロールできるようになってきている食物アレルギーがある場合は、原因となる食べ物を食べたとき、おおよそ2時間以内にじんましんやおう吐、下痢、呼吸困難などのアレルギー症状を起こします。成長してから起こりやすい食物アレルギーは、ナッツ類や果物、そばなどです。いままでにこれらの食品を食べてもアレルギー症状が出ていないのであれば、最近はキウイ、メロン、べても心配ないでしょう。心配いりません。バナナなどの果物を食べると、口の中がかゆくなるという口腔アレルギー症候群の人が増えています。これらも食物アレルギーのひとつですが、症状が軽く、重症にはならないので、給食で出たときに食春と秋にくしゃみや鼻水が出るのは、?春や秋になったタイミングでくしゃみをして鼻水が出たり、目をかゆがってかいたりします。