月別アーカイブ: 2018年5月

教育がしやすくなります

育てられるわけがない果たせるかな

今まで遊んでいた砂場のすべてを投げうって猫のほうに走っていく。ガラスの窓に何の予備動作もなく突然パンチをして割る、当然ケガをする。こんなことを挙げていけば、きりがありません。ここで注目のキーワードは「突然」と「予想外」です。本当に予想できないことをします。子どもが手伝いを始めても

子どもこのことに象徴されるように

子育てに関わらなくても「子どもは予想を裏切る生き物」と言いますが、それにしても裏切りすぎやろーと思いますね。鼻の穴や耳の中に一度くらいドングリを入れませんでしたか?お金やビー玉をなぜか食べてしまいませんでしたか?髪の毛やお札をチョキチョキとハサミで切られませんでしたか?わが家では全部ありました。「そんなことはしないだろう」ということを全部してくれますね。またこれらは、時として自分自身のケガや、他の子どものケガなどにつながることもあります。子どもの死因の統計では、病気で亡くなる子どもより不慮の事故」で亡くなる子どものほうがそれらは子どもの衝動性と結びついていることが多いでしょう。

幼児たちへの影響を考えて

幼児がお箸を落としてしまったとしましょうと言う親ですか?
なかなかそうは思えないし、また思いたくもないですけどね。でも、その「うまくいかない」から、親子の関係性が始まると思えば、今とは少し違った関わり方を考えるきっかけになるのではないでしょうか?男子には男子の、心が動くポイントがあります「別の生物」と認識することからそれにしても、男の子とは不可解な生き物です。なんでこんなことをするのか、理解に苦しむことが多々あります。うちの次男ですが、小学4年生のときに7メートルの崖から飛び降りて骨折しました。「なぜそんなことしたの!?」との問いかけに「空飛べると思ってんけどなぁー」とあっけらかんとしていま意味不明というか、わが子ながら意思の疎通がまったくできません。

子供にカラダに良いんだから

育児はお預けですルール違反常習者は自分で考えるようになるルールだから守りましょうというのは
それ以降、このように考えるようにしました。「息子と私たちは年齢が違うという問題ではなく、別の生き物として存在している」ある意味達観しました。男性の僕でさえこれですから、お母さんはこれ以上の隔たりがあると覚悟してください。気がついてないでしょう!ほら、あなたの横にいるのは、実は人間ではなく「男の子」という新しい生き物だったのです。く男の子の生態〉【名称】男の子【食べ物】日によってよくわからないが、時々鼻くそを食べる【行動】活動的、衝動的、思慮が浅い、パターンが読めない【特徴】足がくさい、とにかく何かを集める.並べる、目に見えない何かとずつと戦っている、必ず武器を持つ、弱いくせに戦おうとするこんな感じです。

子どもは泣き出しますだから私はよく

この短期記憶をする脳を育てるには
このときには、肩を寄せてあげることが大切です。ところが、多くのお母さんが、「重いわよ」「暑いわよ」と邪険に扱っています。また、低学年の子どもは、お母さんの乳房に触れようとします。すると、お母さんの中には「エッチなことと思い誤って叱る人がいますが、子どもにはそのような気持はないのです。お母さんのシンボルに郷愁を抱いているのですから、さわらせてあげてください。

教育というのは

もう一度、「慈母」という言葉を思い出してください。お母さんは、子どもの人格形成にとってかけがえのない存在ともいえましょう。お母さんのそばにいて温かさを感ずると、子どもの心はなごみます。情緒が安定するのです。その点で、鬼母になっていないかどうか、反省してみてください。そして、「慈母」になる努力をしてくださいTisaved「思いやりって何?」「温かい心」ってどんな心?温かい心とは、どういう心をいうのでしょうか。

育てる思いやりと言う前にまず飼わせてみよう草花の栽培や小動物の飼育は

幼児たちの集団に混ぜてもらうことです

子どもを一人の自立した人間として

男の子はお母さんといつも一緒にいたいですし、心の中をお母さんで満お母さんに愛されている自信が少しつくと、しばらくは見えなくても心の中のお母さんを頼りにして頑張れます。しかし少しの間だけです。直接見えて触れていないと不安になりますが、そのお母さんパワーはそんなに長くは持ちません。その時間が延びたり、お母さん以外の人と関わっていこうと思えるようになります。それでもやはりお母さんのもとに帰ってきて·エネそしてもう少し愛されていることに自信がつくと、ギーを補給しなくてはいけません。同時に安らぎや安定なども、お母さんから与えてもらいます。

幼児の人格を創造的にすることにつながり

それが整って次の日もまた頑張れるのです。家庭や家族の大きな役割はここにあると言えます。だからお母さんには、息子さんを愛し続けてほしいと思います。幼い頃の愛し方は直接的な愛し方でしょう。授乳をしてオムツを替えてというように、身の周りのお世話を通じての愛し方です。

 

幼児たちから私が学んだ脳

子供とコミュニケーションをとる時は最初から目標が高いと、うまくいっても「そんなの当然」「できて当たり前」ということになってしまいますが、目標が低い場合は少しうまくいくだけで、その喜びはとても大きいものになりま考え方ひとつですが、長い子育てをうまく乗り切るための工夫だと思います。そして息子さんについても、ある意味この考え方は同じです。「この子は私の大切な息子!ぜったいにわかり合えるし一生大切にする!」ずです。残念ながら。「息子とわかり合えないのは当たり前」。と思っているお母さん!彼はそんなことまったく思っていませんし、きっとパンツ脱ぎ散らかして走り回っているはまずはここからスタートしましょう。

教育が面倒になりますその行動の謎がとける!男の子ってこういうもの男子の生態を知ると、あれやこれやが腑に落ちる「ワケわからない」僕は保育士時代、「こざきせんせい!子どもたちと一緒にいろいろな遊びをしました。そのひとつの定番が「ままごと」です。関酉では「お母さんごっこ」とも言います。お母さんごっこいっしょにしよう!」とよく誘われました。もちろん子どもと遊ぶのが仕事ですから、一緒にままごとをします。

子どもは本当にどうなるあとでお洗濯をしなければならないのは大変ですけれど

「それがね、お兄ちゃんは『やめたい』って言い出せなかったみたい。弟は3年やったら『泳げるようになったから、もういいや!』ってさっさとやめたのに」。そんな感じです。イチオシなのは、お手伝いをしてもらうことです。ほっこりさんの自信は、「わたしも人の役に立てた!」と思えた時に生まれます。rぼくでもよろこんでもらえる!」と自分の存在意義を確認できた時にわき出します。

子どもたちに描いてもらったところ

教育だったと思いかえした心をそのために、「ありがとう」を言うチャンスを作りましょう。お手伝いはその手段です。にんじんの皮むきでもいいです。洗濯物の取り込みでもいいです。私は白髪を抜いてもらいます。そうして言います。「うわS、あなたのおかげでおいしい肉じゃがが作れるな」「白髪をとったら、お母さん、ますます美人さん(←そうか?)さらに。子どもの前でだんな様に報告し、二重にほめてもらいましょう。

育ての観点から言えば

幼児は泣き出しますだから私はよく

幼児が小学校低学年のころはほぼ毎日

大きくなるにつれて、ほめてもらいたい人がお母さんから友達や先生、社会と変化はしてきますが、まずはお母さんに認められたいのです。ここでもうひとつ気をつけたいのが、何か嬉しいことがあったときにその喜ぶという表現のあり方です。息子さんは(これもタイプが様々ですが)どんな喜び方をするタイプですか?「やったー!みて、みて、みて!お母さんみてー!」という、「ふつふつふつニヤリ」という、感情内向型「あのとき、嬉しかったなぁー」という、わかりにくい型もちろん喜び方などは人それぞれですし、こうでなければならないということもありません。表現がお母さんほどうまくなかったり、あるいは下手くそなことが多いように感じます。お母さんが喜びに対してダイレクトに表現するのに対して、男の子というか男性は、喜んで見えなくても、心ではニヤリこれは「男の子は泣いてはいけない」というように社会全体の中で、感情を表現することを良しとしない文化の影響でしょう。

育児していることなどすっかり忘れられるこの時間があるからこそ

その昔「男はだまって00ビール」というCMもありました。男の子は社会の風潮を敏感に感じて、喜ぶことを抑えたり控えたりするようになります。そのため、「わかりにくい型」が見られます。しかし、心の中では喜んでいるのです。とても嬉しいのです。お母さんからすると、わかりにくかったり、とても喜んでいるようには見えないかもしれませんが。

 

育ても完成間近です

子どもにはまったく通じません図書館や銀行、病院などにある本は皆の物。自分の本よりも取扱いは丁寧に。それは皆が気持ち良く読めるように、ということです。また、図書館の本は、決められた期限までに必ず返す。約束を守らないと次に借りたい人に迷惑がかかるというルールも教えていきましょう。スーパーやデパート、商業施設は遊び場ではないので、走り回ったり他の人にぶつかったり、ないように気配りしてください。

育児の捉え方私の場合もちろん大声は禁物です迷惑がかからスーパーなどで、手当たり次第に商品を触ったり、箱を開けたりするのはいけないことです。商品はお金を払って買うものであること、他のお客さんやお店の人にどのような行動が迷惑になるのか、しっかりと子どもが理解できるまで丁寧に教える必要があります。人を気遣う優しい心で、皆が気持ち良く過ごせたらよいと感じるあたたかい気持ちを育てたいものです。出かける前に親子でリハーサルはいかがやデパートの買い物の場所での公共の乗り物を利用する時、病院や冠婚葬祭など特別な場所、またスマナーは、出かける前にしっかりと教えておきたいものです。その場でアレコレ言っても子どもには分かりません。

子どもは前向きにチャレンジできます

ときに、その姿が第一に思い出されます。子どもの運動とか活動とかを考えるそれにくらべると、現在の幼稚園や保育所の子どもたちは、何と虚弱なことでしょう。全くたくましさを失っているというよりほかはありません。とくに室内での保育の多い園の子どもたちの中には、よたよたと歩いているような感じのする子どもさえいます。園の先生方は、そうした子どもを標準にしているので、たまたまジャングルジムのてっぺんにのぼって立ち上がった子どもがいると、危ないからおりてくるように言い、それに従わないと、問題児にしてしまうほどです。

育児するママのことではない

子どもがやりたいというものですからという点にあったのですしたがって、子どものエネルギーは発散されず、意欲は乏しいし、体力も乏しく、運動能力は低いままなのです。夏季合宿での子どもたち私たちが主として小学生を対象にして始めた合宿の第1回は、昭和三十二年のことです。その頃の子どもたちは、合宿地(高原)に到着すると、一斉に戸外へ飛び出していって、虫取りをしたり、木登りを競ったり、林の中へ探検に出かけたりしたものです。当時は若かった私でさえ、子どもの後を追うのにふうふう言ったものです。子どもたちのエネルギーのすばらしさを肌で感ずることができて、それを大いに楽しむことができましが減少し、昭和四十年代に入ると、私が手本を示しても家の中でごろごろしている子どもがふえてきました。