家づくりを考えてみよう地震対策

家賃相場や入居の需要と供給を考えて

家賃の心配があるかもしれないだ
又、現在の空き家は戸建てが中心ですが、今後はマンションの空室も目立ってくるでしょう。空室が増加していくと管理費未納の住戸も出てきて、管理費不足が発生します。その結果、良好な管理が困難になることもあります。更には長期修繕積立金の不足により大規模修繕ができなくなり、マンションで最重要の給排水管の交換工事ができなくなりますそうなると、マンションのスラム化は避けられない状況になります。
そうならないために、また今後も快適なマンションライフをエンジョイしていくために、シップが重要となっているのです。
理事長のリーダ私は既に理事長職を4期もやったので、次の理事長職が回ってくるのは15年後と思っています。しかし、その前に2回目の大規模修繕があり、その時に再びリーダーの要請があれば、引き受けるつもりです。又、ご意見番として、管理総会には毎回出席し、建設的な意見を言っていきたいと思っています◆コラム◆阪神大震災の影響で我が家の資産大暴落私がマンションLC1の購入契約をしたのは1994年でした。その時に住んでいた江東区のマンション約80平米の売り価格を査定してもらったところ、5400万円でした。マンションLC1の購入金額は6200万円強でしたので、「これなら無借金で買い換えができる」と思いました。
建築真っ白い箱のような窓もコンセントも無い

間取りはガラッと変えて
ちなみに、その時住んでいたマンションは、バブル最盛期には1億円超の値段がついた物件ですさて、その後1995年1月に阪神大震災が発生しました。テレビでは、マンションの1階が倒壊する光景が散々放映されました。その結果、まだ売却が済んでいなかった前のマンション価格が急落し、価格が2千万円も下がったのです。阪神大震災は、我が家の資産形成に大きな影響を与えました
番外編-自分の部屋もリフォームを我が家を永久の住処と決めた私は、昨年平成26年12月和室の大改造に取りかかりました。これまで和室は納戸代わりに使っていたため、物置状態でした。又、唐紙が乾燥していたため開けづらく、押し入れの中から物を出すのに一苦労し、その度毎にストレスを感じていましたそこで、これを改造するために私自身が和室大改造の設計図を書きました。和室6畳を4畳半にし、押し入れ1.5畳+くくりつけの本棚·収納で2.5畳のウォーキングクロゼッにリフォームしたのです。

断熱性能が高いことな地震に強い家を建てる

尚、入り口の半畳は板の間です。その際、和室にあった洋箪笥と本棚は処分しました。
小物等が大移動その結果、どこに何がウォーキングクロゼット内の収納が充実し、入っているのかが明確になっています。
我が家の中の書籍、この改造のお陰で和室はすっきりし、畳表も変えました。気分一新です。これまで和室は余り行きませんでしたが、大改造以降、頻繁に行くようになりました。これまでストレスを感じていたのが、今は気分良く使っています◆コラム◆和室大改造のエピソード和室と押し入れの大改造は私の設計通りとなり120%の満足度です。押し入れはウォーキングクロゼットに代わり、収納とスーツ掛け等に代わりました。中の整理整頓は漆得意な分野で、完璧にこなしてくれたおかげで、今では何がどこにあるか全て分かるようになっています。
家づくりを考えてみよう地震対策

家はいつもそこへ集

これまでのようなストレスがなくなりウォーキングクロゼットに行くことが楽しくなりました。
一方、和室は6畳から4畳半に減りましたが、洋箪笥と本棚がなくなったため、却ってすっきりしました。尚、マンション入居後、20年にして初めて畳の表替えをしました。畳の臭いが心地よいです。畳替えの際の畳業者の手際の良さに感心しました。今後は、もっとこまめに畳替えをしていこうと思います。
2·ライフスタイルに合わせリフォームを計画するマンションLC_の他の居住者も、永住を決め込む人が増えてきました。そして現在のライフスタイルに合った部屋に改造をしています。例えば1階のご夫婦は子どもが独立したので、夫婦2人用にリビング·ダイニングと洋室を一体化しました。又、最近は、子ども夫婦と同居する世帯や、子ども夫婦に譲る世帯も出てきて、居住者が若返ったりしています。これなどもマンションLC1を永久の住処にしたいという現れだと思います。マンションLC1が老夫婦だけの世帯にならず、若い人、そして子どもが増えることを歓迎しています。

マンションは大規模ゆえに住人も多く

3·水回りのリフォームのヒント我が家は10年前に磁気活水器を設置しました。目的は、久的に使え、ノーメンテなので、維持費が不要です。又、美味しい水と健康のためでした。磁気活水器は半永浄水器と比べ、設置スペースをとりません。これまで使っていた浄水器を撤去したので、狭いマンションのキッチンスペースが広くなりました。
一方で磁気活水器は、給排水管を半永久的に延命する効果があります。我が家では仮にマンションLC1で磁気活水器が導入されなかったとしても、我が家の水回りの劣化防止に役立っています。その分、水回りのリフォーム費用が安くなります。

施主支給

の全体像●施主支給とは施主支給とは、あなたがインターネットショップなどで安く販売しているシステムバスやシステムキッチンを買って、それを業者さんが取り付ける事を訓ます。
具体的には、(一例です)①インターネットの安い設備機器販売会社さんやヤフオクなどこの先は設備販売店さんと呼びます。で、システムキッチンやシステムバスを買って②解体から配管工事や取り付けるまでの準備工事を行う工務店、この先は総称して工事店さんと呼びます。
工事監理者が現場をみてチェック

施工業者が実際に建築

建設会社、設備工事店に工事や現場調査、現場管理を依頼し③メーカーの責任施工の組み立て業者この先はメーカー施工店さんと呼びますが責任をもって組み立て工事を行う。という流れです。
システムバスやシステムキッチンの場合
①設備販売店さん+②工事店さん+③メーカー施工店さん+あなたの「リフォーム協力チーム」で成り立つ仕組みが「施主支給リフォーム」の全容です。
特に①の随分いろんな人がかかわりそうで、とても安くできる仕組みでないように感じますが、額で販売している業者さんもいるほど、安く販売されているのが現状です。
「インターネットの安い設備販売会社さん」が、今の時代、私たちが問屋で仕入れるより安い金インターネットで頑張って営業展開している設備販売会社さんは、をつけて、安い仕入れ価格を実現しているのです。

      工事店さんが決まった場合
      住宅制度の認定をとれる仕様であれば
      マンションの皆さんに話をするとば良