リフォームをしたいと連絡があ

耐震性に関する法的基準はありません

アパートと呼ばれているたとえば
私は先方の社長に交渉し、前金は半金にし、設置後に残金を支払うようにしてもらいました。前金は私が立て替え払いしました。
設置の際には、理事のK氏が宅配ボックス固定の工具電気ドリルを持っていたので、助けていただきました。宅配ボックス設置後、宅配業者から「菅谷さん、お陰でとても助かります」と嬉しそうに声をかけていただき、私もうれしく思います。
宅急便の配達人がマンションLC1を訪ねる時、真っ先に私の部屋を呼び出します。そして、「他の部屋の荷物を先に置いてから伺います」と言います。宅急便の配達人とは親しくしており、我が家とは気楽な感じでつきあえるようです3·マンションのおかしなルールチラシの投函禁止を止めさせる世の中にはおかしなことがたくさんありますが、その中には、世間で一般的に行われているために特に問題ともされずに、慣習として行われていることも結構あります。
工事監理者が現場をみてチェック

家を永久の住処と決めた私
そのひとつが、マンションポストへのチラシ等、印刷物の投函禁止です。多くのマンションには「チラシの投函お断り」と書いてあります。そして、管理人のいるマンションでは、ポストにチラシを入れようとすると管理人が真顔で投函者を追い払おうとします。
でも集合住宅では、チラシの投函を拒否するかどうかは入居者の意思に任せて然るべきです。チラシは、その町のミニコミ情報です。例えば、出前のチラシなどはその典型です。それを一律にシャットアウトしようとする考え方がおかしいのですが、管理会社はそこまで考えません。又、拒否の貼り紙をしても、チラシはどんどん入れられるので余り意味がありませんマンションLC1でも、管理会社がチラシを拒否する貼り紙をしていたので、私が初代理事長の時に、管理人に指示して、即刻貼り紙を剥がさせました。

住まいの五重苦を取り除くため

その代わり、公序良俗に反するようないかがわしいチラシを拒否するステッカー「青少年に有害なビラ·チラシお断り」を希望者に配布しました。希望者は半分強でした。
逆に言えば、アダルト関係のビラ·チラシも希望している入居者も中にはいるわけです尚、ポストの傍に不要なビラ、いますチラシを捨てるゴミ箱を用意して、マンション内が散らからないようにして◆コラム◆ポスティング業者に感謝を伝える時々、ポスティング業者と出会います。そんな時、「ご苦労様、おかげさまで地域の貴重な情報を得ることができます」と声をかけると、彼らは皆びっくりします。そのような声をかけられることは絶対にないそうです。チラシは地域の貴重な情報源です。それをマンション側で断ること自体がおかしいです。むしろ感謝すべきと思っています。
4、その他の改善項目リサイクル文庫の設置私の住んでいるマンションLC1には、ゴミ置き場があり、いつでもゴミを捨てられるようになっています。
ブックオフ等に古本を持って行っても殆どお金になりません。そのため、古い本もたくさん捨てられていました。
施工がほとんどされていません

マンションを想定

そこで私が理事長の時に、ゴミ置き場の中に本箱を置いてリサイクル文庫を作りました。すると本箱はたちまちは一杯になり、住民の中でのリサイクルが始まったのです。人によってはいらなくなった本でも、
他の人では必要ということもあるわけです。我が家でも、ブックオフで多読用にたくさん本を買いますがとっておいても仕方のないものは、リサイクル文庫に入れています。
リサイクル庫の設置マンションLCIの落慶時に、資材置き場として使っていた小部屋が空くことになりました。
の備品置き場ミネラルウォーター、毛布、懐中電灯等にしました。
そこを非常時◆コラム◆リサイクル家具私の50の改善改革の中で、唯一の失敗例がリサイクル家具です。マンションLC1には専用のごみ置き場、物置があります。

住宅の歴史の専門

そこに不要の家具を置き、必要な人が持って行く仕組みです。しかし、引き取り手のいない不要家具がいっまでも放置されることもありました。そこで、この制度は廃止しました。その代わり、豊島区役所に粗大ゴミとして引き取り依頼をし、引き取りまでの期間に希望者が出れば持ち帰るという仕組みに変えました。中にはまだ使える不要家具も結構あり、住民の評価を得ていますマンションのIT化マンションLC1が建ったのは1995年ですので、まだインターネットは普及していませんでした。私が初代理事長の時、豊島ケーブルテレビを導入する話が持ち込まれました。マンションへの導入費用は無料ででき、マンションの付加価値も上がるということで、早速、導入することにしました。但し、各戸が利用できるようにするには、工事費を割引しても、毎月の費用は数千円ずつかかります。その為、各戸が利用するかどうかの判断は、各戸でしてもらうことにしましたところがこのような時、「自分には関係がない、理解できない」という理由で反対する人が出てきます。この時もそうでした。住民説明会を開いて説明しても、理解できないので反対するわけです。結局、最後は理事長である私の判断で豊島ケーブルテレビ導入に踏み切りましたその後インターネット時代になり、現在のマンションLCIl-NTTとKDDIの2社の光ファイバーが入っています1社だけだと選択の余地がないので、2社を導入し、後は住民の好みに任せることにしました。
リフォームをしたいと連絡があ

家づくりを始める時

住民の中には高齢者が住んでいます。そのためインターネットに無縁の人もでてきます。しかし、IT化の時代に、マンションに光ファイバーを導入することは、マンションの付加価値をアップする為に重要なのだということで納得してもらいました。
今やインターネットは当たり前の時代になってきましたが、普及するちょっと前に導入するには、ワーが必要です。そのような時に、私が皆の取り纏め役として、一肌脱いでいますやはりパペイオフ対策私が2度目のマンションLC1の理事長就任した第6期の時は、銀行は巨額の不良債権で経営危機に陥り破綻する銀行が相次いだ時でした。その時、ペイオフ対策がクローズアップされ、銀行は1千万円の預金残高までしか保証しなくなりましたそこで、マンションLC1でも、早速修繕積立金の分散化を実施しました。
倍にし、預金残高を最大1千万円に抑えました。これでひとまず安心ですそれまで3行だった銀行口座を◆コラム◆ペイオフ対策の復活第20期の総会の際に、ペイオフ対策がなくなっていることに気付きましたA大手都銀の残高が5千万円となっていたのです。経緯を確認すると、第14期に大規模修繕工事を実施しており、その時、B都銀の残高がゼロとなった為、解約したとのことでした。その時の理事長は「都銀は絶対つぶれることはない」と回答しました私は、日本は財務省の護送船団方式のため、かつて多くの都銀が倒産、又は合併した。

      住宅が立ち並ぶ高級
      工事終了にしてください
      住宅地の新築住宅