子どももいました

育てていきます

「やばい」「まじ」「ムカつく」などの言葉を日常生活の中で使っていると、言葉を覚えたての11歳児もそのままコピーして使ってしまいます。幼児期の言葉の力を育てるのは、親子のコミュニケーションです。意識して言葉の美しさや豊かさを伝える会話を心がけていただきたいものです。伝える側の大人が、日本語の豊かさを感じる心を持てるようになると子どもにも美しい言葉を使う楽しさ、会話の楽しさが伝わります。何気ない日常の中で、感じたこと、考えたことを、あたたかい言葉、前向きな言葉にして、相手に伝える努力を重ねると、自然ときれいな言葉が出てくるようになってきます。

育てにはあまり有用であるとは言いがたいものであり

子どもの言葉の力を引き出して磨くのは大人の役目です。子どもには、子どもにふさわしい敬語があります。祖父母や目上の人には丁寧な言葉を使えるようにしておきましょう。ただ、堅苦しく、子どもらしさに欠けてしまうこともありますので、近い人は親しい言葉、遠い人は丁寧な言葉で話すと思っておくとよいかもしれません。日常の中で、よく会う人と、たまにしか会わない人では話し方も変わるでしょうから、親しくても崩れた言葉は使わないなど、大人が手本となって相手に対して失礼のない気配りを示してください。

 

子どもとつき合ってきたか体験を通して学ぶ-という

しつけに関心をもっているようなことを言うがその実案外”発達障害 スクール

しかし現在は、母性を愛で包み込む母乳育児普及活動が実を結びつつあります。そして、その活動は抱いて目を見て語り合う母子関係の大切さを力説する医、助産師や心理学者などによって支えられています。ある多くの小児科医や産科こころの回復のきざしはそれだけではありません。レジャーブームに支えられた高度経済成長の行きつく先は、つまるところバブル経済の崩壊であったり、理由なき殺人の多発であった男性の帰宅恐怖症であったりと、悪い面ばかりが浮き彫りにされてきました。しかし、それらのことに対する反省のこころも私たちに表れてきています。

幼児から主体性が奪われていきますり、エイズの蔓延であった反省はするものの、国民の一人一人がさしあたって何をしたらよいのか、とてもわかりにくいかもしれません。そこでいろいろな考えのもとでさまざまな努力がなされていますが、その中の一例を挙げてみたいと思ます。それは、故·松下幸之助氏が遺した「素直なこころになろう」という言葉です。この言葉は、きわめて平易でありながら実に深遠な意味を持っています。氏はこのひと言を手がかりにして、日本と世界の人々と社会を改革していこうとされました。
幼児たちが
幼児たちが

子どもなりに恐怖や痛みをイメージできるように

子どもなりの工夫をあれこれして遊んでいる姿を認めることがあるでしょうその中にそこで「女王の宝物庫に盗みに入って、見つかったら女王様を殺してしまうなんて、強盗殺人じゃねーかよ」と言うと反論出来ずに「それでもアンパンマンは悪くないの!」「正義の為なら強盗殺人が許されるのか?強盗殺人した時点で悪党じゃねーかよ!」と笑いながらそんな問答をしていました。そして、アンパンマンの曲が流れると「愛と勇気だけが友達さ」の部分で、「カレーパンマンや食パンマンは友達じゃないのか!」と何気にツッコミを入れました。すると翌日、改心したのか「アンパンマンって本当に悪い奴だよね」と手の平を返したように言って来ました。冷静に考えて強盗殺人だと気付いたようです。その外にも「ドラクエ」を娘とやっていた時には、「まずは泥棒」と言いながら家の中に入り、壷や引き出しを調べながら「物色、物色」と言っていたら横で笑っていました。

子どもとともにいて楽しい場面は第一に

またセーラームーンのタキシード仮面が登場して、バラの花を一本投げて去って行くシーンでは「お前、何しに来たん?」とツッコミを入れたり、セーラームーンの変身姿にそんな戦い難い服に変身する?」と突っ込みを入れていました。テレビニュースを見ている時でも「本当にそうなのかな?」と持論を展開したり、「盗聴特集」一緒に見ながら「ウッソびよーん」何処がおかしいかを教え、れる情報に対してアンチテーゼを示し、情報を鵜呑みに信じるのでは無く、常に自分なりに考えさせて育てました。中学に入る頃には、自分の考えについての意見を求めるようになりました。これはメディアで流される情報を鵜呑みに信じるのでは無く、アンチテーゼを与えて今一度考えさせる意図を持ってやっていました。親の気持ちを何気に伝える為にもテレビを使っています。子どもに教えていきましょうまず